ニキビ跡消す > ニキビ跡消す-ニキビができやすい環境とは-

ニキビ跡消す-ニキビができやすい環境とは-

ニキビは自分自身の癖や生活環境などと深い関係があります。そのため、ニキビを治す、あるいは予防するには、スキンケアからヘアスタイル、メイク、ファッション、生活習慣や自分では気づきにくい癖に至るまで、ありとあらゆる刺激を取り除いていく必要があります。
ニキビ跡を消す化粧水│クレーター肌を予防しよう

<スキンケア化粧品が肌に合わない> スキンケア、メイクともに、化粧品に使われる成分の中で、肌に刺激を与え、何らかのアレルギーを起こす可能性のあるものは「指定成分」としてパーッケージにすべて表示することが義務付けられています。

しかし、こういった指定成分を排除した低刺激性の無添加化粧品がすべていいのかというとそれは別問題になります。たとえばパラペンという防腐剤は指定成分ではありませんが、肌に合わないという個人差があります。

自分の肌には何が合っていて何が合っていないのか、周囲の評判に振り回されずに、本当に自分の肌に合っているかどうかを見極めることが必要です。

<無意識の癖もニキビの原因に> ニキビの原因のひとつに「圧迫刺激」があります。たとえば「ほおづえをつく癖に」によって片方のフェイスラインだけにニキビができてしまうなどです。こうした癖や習慣は無意識のうちにおこなっていることですが、ほおやこめかみなど同じ部位ばかりいつもニキビができるという人は、チェックしてみましょう。

<ヘアスタイルにも原因が> Tゾーンは皮脂の分泌が盛んなため、髪の毛が当たる刺激によってニキビができてしまうケースが多くなります。それと同じで、毛先を顔に向けて流すヘアスタイルが原因でニキビができてしまうことがあります。

肌に触れる毛先が毛穴を刺激してしまっているからです。そういった意味でニキビがあるから隠そうと、顔を覆ってしまうヘアスタイルはニキビを悪化させるだけで逆効果になります。 スキンケアには気をつけているのに、なかなかニキビが治らないという人は、このような習慣などで思い当たる要素を取り除いてみましょう。

額のニキビを改善するには

額のニキビは思春期から20才前後までの方にできやすいのですが、その原因を知ると納得です。原因は睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどです。もちろん、思春期ですのでホルモンバランスの影響もうけています。

原因を知ると納得というのは、受験勉強、恋の悩み、社会人になって受けるストレスなどがあるからです。受験勉強だって少なからずストレスを受けます。初めて将来のことを考えて大人になる準備をする年代ですから。

体の変化もその頃に起こりますので、誰にも言えない悩みを抱えることだってあります。話してみれば皆同じだとわかるのですが、恥ずかしいために誰にも相談することができません。

受験勉強では受かるかどうかという不安もあります。学校で受ける試験の結果にだって敏感になっていきます。ストレスを感じコンプレックスを抱えるようになると顔を隠すようなヘアスタイルもしてしまいがちです。

実はこれも額のニキビを作る、または悪化させる原因となっているのです。顔を隠すということは「髪の毛でニキビを刺激している」ということとなり、額をあげることすら恥ずかしいので、治りにくくなってしまいます。

改善させたいのなら思い切って前髪を上げてみましょう。そうするだけで気分も軽くなりますし、ストレスも軽減することができます。目の前が明るくなったと感じることもあるでしょう。

額ニキビは、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが原因となっていることもあります。もちろん洗顔料だって残ってしまっている場合があります。そこを髪の毛で覆ってしまうことで、出てくる皮脂と混ざって雑菌を繁殖させてしまうのです。

特に髪の毛の生え際は、すすぎ残しが多くなりがちです。しっかりと洗い落とし、しばらくは髪を上げた状態にしておいてください。保湿してくれる化粧水を使って完全に乾くまでタオルなどでとめておくとよいでしょう。

受験勉強などで睡眠不足になるというのなら、夜は早めに床につき、その分朝は早めに起きて勉強の時間に当てましょう。そのほうが勉強の効率だってよくなりますし、規則正しいリズムで生活できますので、ニキビも改善されやすくなります。